wiki@y-kurose

日々是好日。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


本:嫌われる勇気

嫌われる勇気

好き勝手やれという話ではない

  • 「わざと嫌われることをしろ」とか「いい人をやめろ」といったことでもない
  • アドラー(哲学者)の考えが書かれている

現状は本人にとって良いと判断したもの

  • 「原因があるから結果がある」→「原因を改めないと結果は変わらない」ではない
  • 「期待する結果のために、現状を選択している」
    • (すんなりは納得できませんが)引きこもりにしろ、なんにしろ、そうであるほうが本人には良いと(意識・無意識かはともかく)判断したからそうなっている(という主張)

ほぼすべての悩みは人間関係

  • 本人にとって良いと判断する理由はいろいろあるように思えるが、突き詰めると人間関係に帰着する
    • 他人がいなければ悩む必要のない悩みは多い
    • 比較対象があるから悩みが生まれる
    • 結果として、他人との競争になったり、顔色を伺い続けることに縛られている

問題の分離

  • 問題が「自分の問題なのか」、「相手の問題なのか」(ほっといて困るのはどっち)を判断して相手の問題ならそっとしておく
  • つい、余計なことまで言ってしまいがちですが、(大体)いい結果にはならない

感想

  • 感覚とは違う主張のため、すぐには受け入れがたいが、説明を読むと理解はできる
  • 良く思われたいというのは自然な感情だと思うので、これを抑えてまで「相手の問題」をすべてほっておくのが正しいとも思えない
  • ただ、他人のためだけに動いている状態に辛さを感じている場合は、ためになる考え方だと思う
  • 実際にはバランスよく適用する必要があるのかなと


本/嫌われる勇気.txt · 最終更新: 2019/09/28 14:59 by y-kurose